2006年01月17日

ヴィドール-Deathmate

今日は、ヴィドールの「Deathmate」をレビューします。

1曲目は「エリーザ」。Gtのサウンドがちょっぴり昭和歌謡風のイントロ。GtやDrの音が軽い気がします。その分、唄メロのバックでツインGtが弾きまくり。ギルとシュンの絡みがこんなに聞けるのはこの曲が初めてですね。それに、従来とはちょっと曲風が違う気がします。生で聞いたらどんなカンジなんでしょう。

2曲目の「シャットダウン」と3曲目の「Chocoripeyes」はシングルと同一なので割愛します。

4曲目は「Deathmate」。イントロは同期音。これもちょっと意外な感じです。Aメロはパーカッシブかな。中盤のデスボイスとその後のメロディアスなジュイのVoの対比が特長でしょう。ただ、Synが多めなのが気になりますね。

5曲目は「黒猫」。出だしからノリの良い曲です。ヘドバン、フリにも向いてるので、クリスマスイベでも盛り上がってました。シュンとギルのGtを聞き比べるのにもいいかも。サビメロはメロディアス。ちょっとリマインド風のフレーズも出てくるので、ドキっとしました。

「黒猫」は良いのですが。他の曲がちょっと...、なので今回は77点にします。

投稿者 largo : 22:44 | コメント (3)

2005年10月30日

ヴィドール-Chocoripeyes

今日は、ヴィドールの「Chocoripeyes」をレビューします。1曲目はタイトル曲。ラメらしいエキセントリックなメロディーの曲です。今回はテロが大活躍。叩きまくってます。あと、唄メロのバックで流れる両Gtのバッキングが掛け合い風でなかなか楽しいかも。この辺はヒデ&ユキネの頃にはなかったですね。サビで急にメロディアスになるトコロがいいカンジです。ラメのBaソロに続く間奏のGtソロはギルでしょうか。2曲目は「DK」。チェロの独奏風のクラシカルなイントロで始まる、スローなバラードです。暗く重苦しい雰囲気から徐々に、青空が広がってゆくカンジで、盛り上がって行きます。Gtは単発のカッティング中心ですね。しっとりと歌い上げるジュイのVoに続いて、二人のGtかハモる間奏に。このあたりが聞きドコロでしょうか。ドラマチックな展開が特徴のこの曲は、「透明なカゴ」に代わって、これからライブの定番曲になるかも。今回は、新メンバー二人の特徴が少しだけ感じられて良かったです。82点にします。

投稿者 largo : 18:18 | コメント (0)

2005年10月02日

ヴィドール-シャットダウン

今日は、ヴィドールの「シャットダウン」をレビューします。新メンバー構成となって、初めてのシングルなので、かなり期待していました。1曲目はタイトル曲。7月のイベント「カタチノナイカタチ」で、初披露だったと思います。イントロはヴィドらしくないちょっと爽やかなカンジ。ラメってこんなBaも弾くんですね。前半はGtがあんまし目立ってません。特に、ギルの音が聞こえないような...。メロディアスなサビメロはリマインド風かな?間奏はSyn中心→Gtソロへ。せっかくのツインGtなんだから、バリバリ絡んで欲しかったんですけど...、ギルいったい何処へ...。ただ、ジュイのVoは相変わらず艶があって、いいカンジです。2曲目は「starrin'」。ラメ作曲で、「ヒロイン」、「ワイセツ人形」風のヴィドのエキセントリックな面が強く出ています。ライブではイントロから逆ダイ連発、盛り上がるでしょう。コーラスの煽りがなかなか良いです。ライブの定番曲になる予感です。間奏はちょっぴりドラマチックな展開ですが、ここでもツインGtの絡みが聴けないのが残念。この曲は来年発売予定のアルバムには収録されないようなので、ライブで盛り上がりたい人は買わないとね。新メンバーの活躍が控えめなのと、曲調が従来からあまり変わってないため、昔からのファンには違和感なく、聴けると思います。逆に、新メンバーが入って、どう変わるのかを楽しみにしてた人には、ちょっぴり物足りないかもしれません。期待が大きかったので、今回は79点にします。

投稿者 largo : 11:23 | コメント (0)

2005年03月04日

ヴィドール-オカルトプロポーズ

今日はヴィドールの「オカルトプロポーズ」をレビューします。1曲目は「マリッジブルー・12月25日血痕死期にて…」。SE風のインストで、結婚行進曲をオルゴール風に演奏してます。途切れなく、2曲目のタイトル曲へ。ヴィドールの特徴であるオカルトロマンスを体現した曲ですね。歌詞は「貴方を永遠に呪うわ、鏡になぐり書かれた血文字」なんていう、オカルト風ですが、メロディーはキャッチャーで、ノリがいいです。「残、…白き指輪の跡 次第に紅血く染まり〜」というサビは、一緒に歌いたくなります。この曲はすきなのですが、実質1曲なので、今回は83点にします。

投稿者 largo : 22:37 | コメント (0)

2005年01月28日

ヴィドール-ロマネスクゴシック

今日は、ヴィドールの「ロマネスクゴシック」です。1曲目は「「F」Stein to「M」」です。ディストーションの効いたGとサビのジュイのVoが魅力的。間奏では頭を思いっきり振れます。2曲目は思いっきりノリノリの曲、「人魚」です。ライブで絶対盛り上がる曲ですね。イントロで「人魚!」ってジュイにささやかれると、クラってきます。「ときどぉき〜、ドキドキと〜きめき、寄せ〜る、Oh、Missマーメイド」っていうフレーズが、今でも頭をグルグル回ってます。3曲目の「みれん」はAメロがちょっと懐かしめな曲。メリー節っぽいかな。ベースラインが目立ってます。4曲目の「テディ」はGのリフがちょっと古臭いです。5曲目の「サヨナラ」は再び、明るめでノリのいい曲。サビのメロディにヴィドールらしさがでています。「人魚」に夢中になっちゃったので、4.5点にします。

投稿者 largo : 22:22 | コメント (0)

2005年01月12日

ヴィドール-我輩ハ、殺女(コロスケ)成リ

ヴィドールは、ファンタスマゴリア同様に、いわゆるコテ系のバンドです。「我輩ハ、殺女(コロスケ)成リ…」は2004年3月に出たマキシシングルです。一曲目のタイトル曲はわかりやすいメロディーで、V系仲間とカラオケで歌うと盛り上がるのではないでしょうか(裏声のトコはちょっと...)。エンディングのギターソロとバスドラの連打がちょっぴり懐かしい感じです。2曲目の「Route「U」」はバラードで、バックのGとVoのアンサンブルがクラシカルなカンジでいい雰囲気です。3曲目の「新聞マスコミ関係者の方へ…」は、Voのジュイがちょっぴりメリーのガラっぽくシャウトしています。間奏のDrがもたれ気味に聞こえるのが残念。タイトル曲は好きなのですが、今回は3.5点にします。

投稿者 largo : 23:22 | コメント (0)